ミネラルウォーターと放射能の検査

水宅配会社が提供する天然水だけではなく、多くの天然水の採水地では逐一放射線に関する検査を行っていることがさまざまな情報から知ることができるでしょう。ここで気になるのがミネラルウォーターに関しての放射性物質に関することです。

多くのミネラルウォーターは採水後加熱殺菌を行い、浸透膜によるろ過の後にボトリングを行います。このボトリングまでの製造プラントは日本全国に存在しており、地域のウォーターサーバー設置者により早くフレッシュなお水を届けられるように努力を行っています。地域によっては、放射能による汚染や影響が懸念されるところもあります。さまざまな角度から「安全である」という宣言が出されても、個人レベルで放射能を観測している団体も多くなり猜疑心は深まるところを知らないという方もいらっしゃるようです。

ミネラルウォーターを提供している水宅配会社では、各プラント別に個別に放射能に関する検査を行っています。環境や水質、出荷前のボトルウォーターの水質などあらゆる点に関して検査を行っています。この検査結果は逐一各社ホームページ上に更新を行いますので、チェックをすることで安心さを受け取ることができるでしょう。水道水と違い、ミネラルウォーターは、赤ちゃんのミルクの調整用のお水にも最適です。ウォーターサーバーからは温水も冷水も出ますので、夜間の授乳や忙しい時にでもすぐに赤ちゃんのお腹を満たしてあげることができますので安心です。