ウォーターサーバーと放射線

このところ、食品や環境に対する放射線に関する汚染が懸念されています。セシウムなどに代表される放射性物質は30年以上も半減することなく残ってしまうということなので、経口被ばくなどを心配される方もいらっしゃるようです。水宅配会社が採水する場所は源流がある場所の地下水です。2011年に発生した原発事故で放出されてしまった放射性物質が採水地の水源に到達するまではかなりの時間を要するものと推定されています。でも、推定だけでは安全であるという確証をもつことができませんね。

水宅配各社は独自に取扱製品の放射性物質の検査を行っています。今後も放射線に関する問題は収束の見込みが立っていませんので、定期的に検査を行うことでみなさんに安心を提供しています。一時期、水道水から放射性物質が検出されたこともあり、妊娠中の方や乳幼児の飲み水には特に過敏になっている方も多いようです。ウォーターサーバーの水であれば、採水地を選ぶことができますし、放射性物質に関しても定期的に検査を行っています。まろやかな水ですので、赤ちゃんのミルクの調整用のお水としても利用することができます。妊娠したらウォーターサーバーを設置することで放射線に関する不安を少しでも解消することもできるでしょう。

とある水宅配会社では、赤ちゃんがいる御家庭やマタニティママを対象にした優遇プランを提供しています。もちろん、天然水ばかりではなく、ろ過を行う行程で製造されるピュアミネラルウォーターの地域プラントでも放射性物質は検出されませんでしたので、安心して飲用することができます。